静岡のラーメン・中華そば店のカナキン亭

体においしいラーメンです。

カナキン亭では、コクのある昆布と豚骨、たっぷりの野菜からスープを作っています。カナキン亭では、スープは沸騰させず最低でも3~5時間コトコト煮込み、仕上げに干し椎茸と煮干の粉を入れて仕上げます。さっぱりとした和風のスープはクセになる味です。

自分好みの味です。

テーブルの上には酢・唐辛子酢・ニンニク・コショウなどの香辛料が常備してあります。さっぱりスープにお好みでスパイスをどうぞ。

カナキン亭の名前

社長の杉浦が最も尊敬する栗原生死さんに名付け親になっていただきました。栗原生死という方は、飛行機乗りで、床屋で、作家である、という一風変わった人です。このカナキンという名前は、昔、飛行機に張った布のことで 『手作りの味』という意味も含まれています。

カナキン亭の歴史

昭和53年に東京・神楽坂にカナキン亭オープン。店は繁盛していたが、4、5年で家庭の事情により静岡の藤枝市に店を移転。これが現在の藤枝本店です。そのあと、焼津店、島田店をオープンさせて只今5店舗(島田店は経営者が違います)を経営。これからもカナキン亭は、美味しいラーメン作りを目指してまっしぐらで、頑張ってまいります。今後もご愛顧よろしくお願いします。

ページの先頭に戻る